第24回 部門ビジョン策定とその浸透 その③

第22回から、

“部門ビジョン策定とその浸透”

をテーマにお伝えしていますが、これは、理念を背景とした全社ビジョンを策定しそれが浸透することを前提に、全社と部門そしてその中のメンバー一人一人まで、同じ方向で連鎖し、組織力を発揮させることが、経営者としての大きな役割であることを意味しています。

部門長がメンバーに部門ビジョンを浸透するときの具体的方法としては、対話に勝るものはありません。
何故なら直接の対話でこそ、お互いの心にまで触れ合うことが出来るからです。

最新情報をチェックしよう!
広告