第1回 優れた経営者とは

「優れた経営者とは」

諸説ありますが、経済の語源は「経世済民」(世の中を治め人々の苦しみを救う)。
企業経営とは、この経済を実行することであり、優れた経営者とは

「より良い経済を実現して、人々に喜ばれ、支持される人」

を指す。

要するに広い視野を持ち、自身のことだけを考えず社会全体に貢献することを考慮しながら実践していくということです。

よく聞く言葉だとは思いますが、著者である私も含めて人間どうしても自己中心的になりがちです。

企画を立ち上げたり事業計画を立てる際に、一息ついて

利益確保は当然のこととして、

人々に喜ばれるのか?

支持されるのか?

を一度見つめることで、より良い事業が生み出されるということを心に抱くことです。

おのずと事業の道筋がしっかりとイメージできるようになり、より成功という着地点への精度が増すことでしょう。

 

經世濟民(けいせいさいみん、経世済民)は、中国の古典に登場する語で、文字通りには、「世を經(おさ)め、民を濟(すく)う」の意。「経国済民」(けいこくさいみん)もほぼ同義である。

略して「經濟」(けいざい / 経済)とも言うが、主として英語の「Economy」の訳語として使われている今日の「経済」とは異なり、本来はより広く政治・統治・行政全般を指示する語であった。以下「經世濟民」および「經濟」の本来の用法と、その変遷について扱う。

@wikipedia

最新情報をチェックしよう!
広告