第2回「人間社会の役に立つ為には」

経済学者アダム・スミスは「国富論」の中で、

「分業により、凡人が非凡をできるようになる」

と説きました。

分業で業務範囲が明確になれば、作業効率の改善だけでなく、技術の向上にもつながります。企業組織とは、その分業の環境を与える器なのです。

分業とは生産過程における効率性を高めるためにとられた役割分担のシステムです。

事業を推進・生産していく工程をすべて一人だけでこなしていくのは、完成までに時間がかかり、しかも少量しか推進・生産ができないうえに、作業者への負担が大きくなるというデメリットがあります。

これを解消し、より迅速に大量の結果を推進・生産するために、複数の作業者が推進・生産工程において明確に役割を定め、スケジュールに基づいて作業していくのが分業のメリットです。

これは、サービスや商品を安定的に市場に供給できるという点からも優れたシステムなのです。

アダム・スミス(Adam Smith、1723年6月5日 – 1790年7月17日)は、イギリスの哲学者、倫理学者、経済学者である。スコットランド生まれ。主著に倫理学書『道徳感情論』(1759年)と経済学書『国富論』(1776年)がある。
彼は、『国富論』の第一編において分業を論じている。彼はピン製造を例にとり、それがさまざまな過程に分解されていることで生産におけるメリットを示した。彼が示した分業の概念は、デヴィッド・リカードの国際分業理論(比較生産費説)やカール・マルクスによる生産関係の概念に応用され、労働価値説とともに広く経済学者、社会学者、哲学者等に影響を与えた。
@wikipedia
最新情報をチェックしよう!
広告