第32回 対話の技術(目的確認) その②

対話においては、対話を何故するのかといった、「対話の目的」を共有することが大切です。対話の目的の確認で、対話の位置付けが図れ、その目的のためにお互いに考え知恵を出し合うことに繋がるのです。

具体的には、

① 期初:今季の全社目標

② 期中:進捗状況の確認と課題の確認

③ 期末終了後:結果確認と原因及び来期の課題

など、時期によっても対話の目的は、変わってきます。

最新情報をチェックしよう!
広告