第33回 対話の技術(現状確認) その③

目的の確認・共有が出来た後は、その目的に対しての現状確認が必要です。

お互いに現状認識が違っていると、話がかみ合わず余計な誤解・曲解につながり対話が成立しないことがあるからです。

データがあれば、データを事前に準備・確認をして、対話の場にも持っておくと良いです。

当初決めた目標に対しての進捗状況或いは結果確認を、直接当事者に確認することで、現状がよく理解できます。

何故なら、データに反映されていないこともあるからです。

最新情報をチェックしよう!
広告