第40回 チェック対話(成長対話)のプロセス

期初にメンバーと統合する目標は、成長(チャレンジ)目標ですが、その成長目標を達成するために必要な、期中におけるチェック対話の技術を確認していただきます。

1. 話しやすい雰囲気づくり


●メンバーの関心事である「趣味・家族・健康等々」の話題で、話しやすい雰囲気づくりから、対話に入ることが必要です。
■統合対話の最後に検証方法を決めていることが前提ですが、期初に決めた目標の話であることは分かっているので、メンバーも緊張していることが多いことに配慮する。

2. 対話の目的


●対話の目的を改めて伝えることで、対話に対する積極性を引き出す
■具体的には、「目標達成に向けて、問題があれば一緒に考えていく」と言ったリーダーの姿勢を明確に伝える。

3. 事実の確認


●現状を証明する資料をもとに、目標及び課題の進捗状況を事実として確認する
■証拠となるデータを準備しておくことで、事実誤認を防ぐ。

4. 目標の再確認


●期初に統合した目標達成が、メンバー自身の成長につながることを改めて認識させる
■リーダーが、メンバーの成長を本気で考えていることを伝えて、メンバーもなんとかしたいとの思いにさせる。

次回は、後半のプロセスを確認していただきます。

最新情報をチェックしよう!
広告