第42回 チェック対話(成長対話)の実践チェック表

第40回・第41回で確認していただきました、チェック対話(成長対話)のプロセスを、現場での実践につなげるために、チェック対話の実践チェック表を作成しました。
活用することで、期初に、決めた目標を“言いっ放し・させっぱなし・やらせっぱなし”にならないようにしてください。

チェック対話のプロセス

かなりできている:◎できている:○どちらとも言えない:△ あまりできていない:×

プロセス項 目チェック欄
①話しやすい雰囲気メンバーの関心事(趣味・家族・健康等)の話題をしているか
②対話の目的目的を率直に切り出しているか
一緒に考えていく姿勢に立っているか
③事実の確認現状を正しく把握しているか
事実の裏付けデータを活用しているか
④目標の再確認期初に統合した目標達成が、メンバーの成長につながると思ってる?
リーダーが、メンバーの成長を願っていることが、伝わっている?
プロセス目標が明確になっているか?
できるだけメンバーに話させているか?
⑤原因分析原因をメンバーに考えさせているか
2WHY,3WHYで深く原因究明させているか
原因を自分に求めさせているか
メンバーの誤った考え方に目を向けさせているか
最終的に深い原因で合意したか
⑥解決策メンバーに考えさせているか(リーダーはヒントだけ提供する)
メンバーからのアイデアを出させているか
解決策は、メンバーに最終決定させているか
解決策は具体的か
⑦動機付け挑戦意欲を高めているか
可能性を感じさせているか
⑧測定検証する日時を決めたか
検証の内容を具体的に決めて合意をとったか
総合コメント
最新情報をチェックしよう!
広告