第43回 期末に実施する、フィードバック対話 その①

第34回から、9回にわたって、期初の目標設定対話・期中のチェック対話を確認してきました。
さらに、期末の締後においても「今期の業績結果確認と評価結果報告」のためのフィードバック対話が必要です。
そのプロセスを2回にわたって、確認していただきます。

●事前準備 目標管理表(業績結果がわかる資料)など、事実データの用意

1. 話しやすい雰囲気


・メンバーの関心事に触れることで、心を開いて話しやすい雰囲気づくり
<留意点>
・来期に向けた、成長対話であることを忘れない

2. 事実確認


・ 今期の目標に対する「業績結果」の確認と評価結果の報告
<留意点>
・ 全体業績結果 → 個人業績結果を確認する
・ 良かった点(成長が明らかな点など)は、必ずほめる

※業績結果とは、今期の目標数字だけでなく、企業組織が成長発展するためのあらゆる成果のことを言います。

3. 原因究明


・ 業績結果の原因をどう捉えているのか、本人の考え確認
<留意点>
・ 結果が悪い場合でも、責めるのではなく原因を確認して、来期の成長課題に繋げるための姿勢を崩さない
・ 何故?で掘り下げ、根っこにある原因を究明する

次回は、フィードバック対話の後半を確認していただきます。

最新情報をチェックしよう!
広告