第47回 目標管理制度の本質

目標管理制度とは、P・ドラッカー(経済学者)が提唱したのが始まりとされるマネジメント手法です。

MBOは、「Management By Objective through Self Control」の略で、日本語訳では、「目標と自己統制による管理」です。
期初に個人目標を設定して、期末の時点での目標達成度合いによってその期の評価をするのです。つまり、評価制度とつながる大変効率的かつ効果的なマネジメント手法なのです。

この目標管理制度は高度な管理手法と捉える方もおられますが、個人個人のレベルに合わせた目標設定で、効果的にメンバーの成長を促進できる便利な手段なのです。したがって、バンコクにおいても十分活用できる手法として、これからご案内していきます。

 

ピーター・ファーディナンド・ドラッカー

Peter Ferdinand Drucker
ドイツ語名:ペーター・フェルディナント・ドルッカー
1909年11月19日 – 2005年11月11日
オーストリア・ウィーン生まれのユダヤ系オーストリア人経営学者。
「現代経営学」あるいは「マネジメント」(management) の発明者。他人からは未来学者(フューチャリスト)と呼ばれたこともあったが、自分では「社会生態学者」を名乗った。
父・アドルフ・ドルッカー(ウィーン大学教授)と母・ボンディの間の子で、義理の叔父に公法学者・国際法学者のハンス・ケルゼン(母方の叔母・マルガレーテ・ボンディの夫)がいる。

ドラッカーの自著によれば、父親はフリーメイソンのグランド・マスターだった。

出展:wikipedia

最新情報をチェックしよう!
広告