第51回 目標管理制度の運用 その④ 目標統合の失敗原因

今回は、目標統合がうまくいかない原因をさらに掘り下げてみます。前回はトップダウン思考で、「目標統合の場面でも、自分のやり方を押し付ける」でしたが、その奥にある原因として考えられるのは、「自分以外は、信用できない」といった考え方があります。したがって、メンバーの想い・考えを聞こうとしない、あるいは、聞いたフリだけして、結局自分の考えとやり方を押し付けるのです。

メンバーの立場からすると、トップのそのような言動から、自分が信用されていないことを敏感に察知し、「トップのおっしゃる通り」と受け身に回って、いい加減な受けごたえになってしまうのです。そこには、トップとメンバーの信頼関係が、生まれることはなく、結局目標統合ではなく、ノルマの押し付けになるのです。

次回は、信用して任せることの重要性について考えていきます。

最新情報をチェックしよう!
広告