第77回 自己評価の実施

人事評価については、被評価者自身も自己評価をすることが大切です。

その理由としては、

①担当業務の振り返りをすることで、うまくいったこと・うまくいかなかったこと及びその理由・原因を考え、今後の成長課題を被評価者本人が認識できるからです。
②自己評価をもとに1次評価者が面接(フィードバック)することで、認識のギャップ(問題・課題)が明確になるからです。
この自己評価は、全員が行い提出し、それをもとにした面接は必ず実施する必要があります。

「あなたが出会う最悪の敵は、いつもあなた自身であるだろう。」

フリードリヒ・ニーチェ(1844年~1900年)ドイツの哲学者、古典文献学者。

最新情報をチェックしよう!
広告