第84回 評価ウエイト設定 その①

被評価者の職務・職責などによって、評価項目・要素の重要度が違ってきます。

したがって、その重要度については、ウエイトの設定が必要になります。
4つの項目・要素別にその考え方をまとめてみますが、まず2つについて確認しましょう。

1) 期待成果
仕事の結果であり、最も重要なものです。管理職の場合はそのチーム全体の業績成果であり、一般職のばあいは、個人として期待される業績成果です。
従って、最もウエイトを高く設定する必要があります。
2) 期待行動
高い成果を上げ続けるために必要な期待される行動です。従って、良い結果を出すためのプロセスとして、ウエイトも高めに設定するのが一般的です。

※ 業績成果とは、企業組織が存続・発展するために必要なあらゆる成果をさします。
次回は、評価ウエイト設定の後半として知識・技術、勤務態度についてです。

最新情報をチェックしよう!
広告