第81回 評価方法までのまとめ その1

前回まで、人事評価項目を明確にするために必要なポイントを解説してきましたが、ここまでの内容を3回に分けて整理しておきます。

<1.目的 2.評価項目 3.評価時期 4.評価者 5.評価対象 6.評価方法>

1. 目的:

①評価結果は、指導育成で活用し今後の成長課題とする。
②評価の公平性及び納得性を高め、職場内での信頼関係を強化する。
③公正な処遇ができるようにする。
→ 成長を通じた業績向上で、モチベーションUP

2. 評価項目:

①評価項目は、結果だけでなくプロセスも評価する。
②具体的項目は、・期待成果 ・期待行動 ・知識、技術 ・勤務態度 の4項目。
(詳細は第69回を確認してください)
さらに、項目を評価要素に分解して評価する。
③評価項目、要素は、各人の業務内容・担当役割などを考慮して、階層別、職種別に設定する。

最新情報をチェックしよう!
広告