CATEGORY

第1~10回

    第10回 経営は経営者の考え方次第 その③

    経営者の考えが、倫理的におかしい企業は、必ず淘汰されているのではないでしょうか? アメリカのエンロン、ワールドコム等の不正会計、三菱自動車のデータ改ざんなど、他にも数え切れないほどの大企業の不祥事が世界中で起こっています。 これらの不祥事がたとえトップの知らないところで発生したことであっても、全てトップの考え方がそのような形で、表面化してしまっているのです。 第11回 経営者に必要な姿勢 その①  […]

      第9回 経営は経営者の考え方次第 その②

      日本は、100年を超える企業が2万7千社以上存在している世界でも稀に見る長寿企業大国です。 共通しているのは 企業人として順守すべき基本精神を大切にし、それを次世代に引き継いでいる のです。 つまり経営トップの揺るぎない理念(事業精神)に対する信頼とそれを浸透させる固有の教育体制が存在しているのです。

        第8回 経営は経営者の考え方次第 その①

        お役立ちの結果として利益を上げ続けること、つまり社会貢献が、企業経営の使命ですが、その使命を果たせるかどうかは、全てトップ(経営者)の考え方で決まります。 例えば、経営者の本音が『目の前の自社の利益さえ上がれば良い』と言ったものだと、物・サービスを押し付けて後は知らないといった状態に陥りがちです。 そのようなところから購入したお客様は、相手のことを考えていない身勝手な会社といった烙印を押して、二度 […]

          第7回 経営者の使命は、儲けること

          理念を実践する経営によって、市場から支持され続けることを前回で確認しましたが、表現を変えると それは儲け続けることです。 「儲ける」という言葉の響きは、人によっては良い印象を持っていないことも多いようです。 しかし、儲けるの本来の意味は素晴らしいことです。 ①信じる ②者 つまり①ファン ②客 を創ることなのです。 ファン客で居続けてもらうには、満足=お役立ちの提供が必須です。 実際、不満足を提供 […]

            第6回 理念が何故必要?

            理念は、下記「経営価値四原理」で構成されています。 1)競争性 企業間で競争することで、多いに成長する 2)効率性 競争で優位に立つ為には、事業プロセスだけでなく管理プロセスの効率も改革する 3)人間性 相手(お客様をはじめ全ての人)を認めそこにある可能性に着目して関係性を育む 4)社会性 社会とともに成長し、社会に貢献し社会に支えられる企業と成る 1)2)だけに偏ることなく、3)4)が伴った理念 […]

              第5回「理念とは」

              企業組織では、社会貢献といった使命を果たす為に、共通目標達成に向かって複数の個性ある人達が知恵を出し合い、相乗効果を出すことが求められます。 そのような組織の最高概念として存在し、全ての判断基準・求心力になるのが理念なのです 第6回 理念が何故必要?へ続く 第4回「共通の目標とは」

                第4回「共通の目標とは」

                組織には、通常理念(存在価値)を背景としたビジョン(目標)があります。 企業組織人としては、まずこのビジョン(目標)を理解し、その達成のために努力し、結果を出すことが求められます。そのことが、その組織における貢献になるからです。 理解していないと、 いくら努力しても、その組織にとっては貢献していると言えない のです。 次回 第5回「理念とは」へ続く 第3回「企業組織人として役立つためには」

                  第3回「企業組織人として役立つためには」

                  企業組織の要件には、 ①共通目標の達成 ②互いに協力して助け合う ③人間の集まり の3つがあります。これらは、どれか一つ欠けても組織として成り立ちません。 そして、企業組織人としては、まず共通目標を理解することが求められるのです。 第4回「共通の目標とは」へ続く 第2回「人間社会の役に立つ為には」

                    第2回「人間社会の役に立つ為には」

                    経済学者アダム・スミスは「国富論」の中で、 「分業により、凡人が非凡をできるようになる」 と説きました。 分業で業務範囲が明確になれば、作業効率の改善だけでなく、技術の向上にもつながります。企業組織とは、その分業の環境を与える器なのです。 分業とは生産過程における効率性を高めるためにとられた役割分担のシステムです。 事業を推進・生産していく工程をすべて一人だけでこなしていくのは、完成までに時間がか […]

                      第1回 優れた経営者とは

                      「優れた経営者とは」 諸説ありますが、経済の語源は「経世済民※」(世の中を治め人々の苦しみを救う)。 企業経営とは、この経済を実行することであり、優れた経営者とは 「より良い経済を実現して、人々に喜ばれ、支持される人」 を指す。 要するに広い視野を持ち、自身のことだけを考えず社会全体に貢献することを考慮しながら実践していくということです。 よく聞く言葉だとは思いますが、著者である私も含めて人間どう […]