TAG

ビジョン

    第24回 部門ビジョン策定とその浸透 その③

    第22回から、 “部門ビジョン策定とその浸透” をテーマにお伝えしていますが、これは、理念を背景とした全社ビジョンを策定しそれが浸透することを前提に、全社と部門そしてその中のメンバー一人一人まで、同じ方向で連鎖し、組織力を発揮させることが、経営者としての大きな役割であることを意味しています。 部門長がメンバーに部門ビジョンを浸透するときの具体的方法としては、対話に勝るものはありません。 何故なら直 […]

      第23回 部門ビジョン策定とその浸透 その②

      国が違うと国柄が違うのでと言った言葉が出てきますが、一人一人個性ある人たちの集団を束ねるためには、このような自社・自部門の方向性を示したビジョン・方針を徹底することが大切なのです。 まして、部門長となると部門経営者ですから、その力量及び存在価値まで問われます。 実際、グローバル企業に於いても理念・ビジョン経営で成功しておられる企業様を何社も拝見しております。

        第22回 部門ビジョン策定とその浸透 その①

        全社ビジョンの発表を受けて理解をしたことで、その内容を前提に自部門のビジョンを策定する必要があります。 何故なら、全社ビジョン(目標)・方針は全社の方向性を示した、命令だからです。 もし、その方向性が理解出来ない時は、全社ビジョン・方針発表及び勉強会でしっかり質問で確認する必要があります。 それでも、方向性が理解できない場合は、「まずやってみる」を実践することです。 何故なら、やってみることで分か […]

          第21回 全社ビジョンの浸透 その②

          ビジョンを具体的に理解するには、計画的なプロセスが必要です。 そのプロセスとは、 1.全社の中長期(例えば、5年・3年)ビジョンの宣言 2.1.に向けての今期全社ビジョンと方針(ビジョン実現のための道すじ)の発表 3.解説と質疑応答により2.の理解を深めることで、想いの方向性を合わせる。場合によっては勉強会も開催する。 そこでの留意点は、全社ビジョンに向かって一人一人が自分の立場で何をすることが求 […]

            第20回 全社ビジョンの浸透 その①

            第19回では、全社ビジョンの策定を確認していただきましたが、それに引き続き、その浸透について考えていきたいと思います。 中長期ビジョン実現のために、今季のビジョンがある(連鎖している)わけですが、そのことを従業員全員が理解する必要があります。 理解をすることが、それぞれの立場で “何をすることによって組織の一員としての役割責任を全う出来るか” を考え、決断することに繋がるからです。 共通の目標(ビ […]